将来の段取りは明確に

女性として働くことを諦めないで!

女性のキャリアプランを考えよう

女性がキャリアプランを描く上で大切なポイントとして、結婚、出産等のライフスタイルの変化は切り離せないですよね。10年後、20年後どういう場所で、どういう仕事をし、どういう自分でありたいのか。そしてそのために今何をすべきなのか。そう考えたときに、「結婚、出産というライフスタイルの変化があっても仕事を続けたい」と考えるのであれば、きちんと将来を見据えた行動をしなければなりません。

そのためには、産休、育休、時短勤務など女性にやさしい制度がある企業を職場に選ぶことや、その制度を利用している人が一定数いるかどうかという点も大事なポイントになってきます。残念ながら、一部の企業においては未だにこのような制度が整っていなかったり、制度はあるものの女性は寿退社するのが当たり前、という雰囲気がある所もたくさん存在します。入社を決める前に、こういった点についても実際にその職場で働いている人の声を集めておくことも必要だといえるでしょう。

また、キャリアプランを描く上でもう1つ重要なのはパートナーとの話し合い、協力を得ることです。もし結婚し、出産した場合、今後自分はどういう働き方をしたいのか、よく話し合ってみましょう。子育てをしながら仕事を続けるとなると、パートナーの支えは必要不可欠です。例えば、幼稚園や保育園の送り迎えを手伝ってもらったり、家事を分担するなど、お互いに支え合うことであなたの理想的な働き方が叶います。

「女性だから」とキャリアを諦める時代は終わりました。しかし、そのための労働環境はまだ万全とはいえません。現代は女性が働ける社会への移行期間であるともいえます。そんな中、女性が活躍するには、パートナーの支えが必要不可欠なのです。まずは、あなたの10年後、20年後の理想の生活をパートナーとも話し合ってみましょう。将来のキャリアを具体化するなら、ぜひこちら(http://future-careerplan.com)にも目を通してみてください。